3分で分かる、キャッシュフローのプラスを作る方法

キャッシュフロー・プラス
鈴木愛です。

 

売上は順調に伸びているのに、
会社のお金も個人のお金も、
なかなか思うように増えていかない・・・

最近はそんなご相談をよくいただきます。

 

経営者のお金が増えない原因は、

会社に残るキャッシュ = 現金

が増えていないから、ただそれだけです。

そこで今日は、キャッシュフローを改善して、
キャッシュのプラスを産み続ける方法をお話しします。

 

直近3か月間の現金収支を集計する

まずは、過去3か月間に、自分の会社に

いったいいくらお金が残っていたのかを、

実際のお金の動きに合わせて計算します。

 

実際にいくらお金が入ってきて、

いくらをしはらい、月末には手元にどのくらいの

現金に換金可能の資産があったのかを正確に把握しましょう。

 

注意することは、試算表から拾わずに、

現金出納帳や、預金通帳から拾うことです。

 

エクセルや、100円均一のお小遣い帳でも

十分集計できます。

 

この時点で、各月の残高が出るはずですので、

その金額があなたの会社に残っているお金です。

 

 

翌月の支出の予算を計算してみる

次に、翌月に支払う予定のお金を集計します。

 

1.固定費

  事務所家賃、光熱費、従業員給料、

  役員報酬、社会保険料・・などがあります。

 

2・流動費の中で毎月固定にかかる費用

  異動の電車賃や、およその交際費など、

  自分の会社に毎月必ずかかる費用です。

  先に出した過去3ヶ月の集計から、

  1カ月当たりの金額を算出します。

 

3.外注費や賞与など臨時に発生するもの

  外注費や修繕費等、翌月に支払うべき請求書の合計を出します。

 

4・前年の税金の支払額を12ヶ月で割った、

 1カ月当たりの税金の金額

 

5.前月の売上入金額、(実際の入金額面)の10%

 

 

この5つを、全部足します。

そして、翌月入金予定の売り上げと比べてみると、

翌月はいくら残るのかを予想することができます。

 

これが、言い方を変えると「資金繰表」にもなります。

 

まとめ

 

この手順をしっかりと行うと、

実際に過去3か月間のキャッシュフロー残高、

翌月末の残高のおよその金額が分かります。

 

そして、キャッシュフロー残高を

今よりも多くして、
会社をより伸ばしていきたいのであれば、

早急にできる対策を考えて実行します。

 

一番効果の高い対策は、

言わずと知れた経費の見直しです。

 

個人的な食事や自己投資などを
経費に入れていないか、

贅沢すぎる接待はないか?

事務所の家賃は適性か?

 

などを、個々のビジネスに照らし合わせて
見つめ直して下さい。

 

シンプルですが、ここが一番

キャッシュフローのプラスを妨げて、
経営悪化の原因となる部分です。

 

自分のビジネスに価値を産むことに
集中して経費を使うことが、

 

キャッシュフロー経営の基本であり、

強い経営の土台となることは間違えありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。