下がり相場の時に、無理に買わない

鈴木愛です。

 

昨日は

株式投資の勉強の日でした。

 

 

講師の先生は楽天証券のコラムで有名な投資家であり、

公認会計士としてもご活躍されている

足立武志先生です。

私はキャッシュフローのコンサルタントであり税理士ではないので、

 

クライアントに税金の問題が発した時などにも、とてもお世話になっております。

 

今まで、

株式投資は自己流に行っていながら

何とか旅行代くらいを稼いできましたが

本格的に勉強を始めました!

 

やっぱり経営者が

個人のキャッシュフローを安定させて

着実に資産を増やし続けるためには、

ビジネスが軌道に乗って

落ち着いてからの投資は、必須だと感じます。

 

今日の授業で印象的だった事は、

 下がったら買わない!と決めている投資家が成功しているという事実です。

 

良く聞くのは、

 

・下がったら買う、上がったら売る

 

ですが、

これをするから90パーセント以上の投資家が、キャッシュフローが悪化して資産を増やせない原因でした。

 

持っている株が下がると

どうしても、また上がる!と思ってしまって損を確定できないのですが、

そこをサッサと損切りして、

次のチャンスにお金を残すのが、勝てる投資家の考え方。

 

投資も会社経営と同じく、

 

自分の弱さに負けない

強い精神力が

一番大事かもしれませんね^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。