通帳メモの、税務調査での効果!

鈴木愛です。

 

昨日は、法人、個人事業の両方を営まれている奥様の個人コンサル日でした。

 

いつも美味しい差し入れを頂き、楽しくコンサルをしています^ ^

今は、家計のコンサルでいらして下さいますが、以前会計事務所では、法人、個人事業共に担当させて頂きました。

 

今回、法人に

税務調査が入ったそうなのですが、

 

担当時に、個人事業の確定申告の際にご指導させて頂いた、「通帳への行き先のメモ」がすごく役に立ちました!

とのご報告をいただきました。

 

通帳を見せて、いくつかの質問に答えただけで、後は個人事業とのやりとりに関しては何も見せなくて済んだそうです^ ^

 

法人に調査が来ても、個人事業とのつながり、やり取りは必ずチェックされます。

 

個人事業は、まとめて1年分の帳簿をつけて確定申告する場合も多いので、

 

通帳の入出金をした時には、行き先や内容を書いておくと、申告時にも便利です。 

 

見える化していない事こそが、突っ込まれやすいエサにもなりますので、

 

ザッ!とメモをしておくだけでも習慣にしておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。