師、メンターって、本当はどんな存在なんだろう?

鈴木愛です。

 

今朝からライン@を始めました。

お友達追加どうぞ宜しくお願いいたします!

https://line.me/R/ti/p/%40cashflow-jyuku

あまり好きではない事は、

やらなきゃならない!と思っても、

なかなか先に進まない事が多くありませんか?

 

私はこのライン@の構築には、

気がついたら自分で決めた期限よりも

早1ヶ月が過ぎていました^^;

 

そのタイミングで昨日、

まるで見ている!?かの様な

ビジネスの師からのご連絡があり、

やる気スイッチが急に入りました 笑

 

そして昨日は、

久しぶりに夜中までやり抜いて、

完成出来ました。

 

早くやりなさい!とも、

ダメだなー!とも

言われる訳ではないのですが、

 

話をしているうちに、

自然とやる気になれるので本当に不思議です。

 

以前私は、師というのは、その道の最高の方法を習い、教わるものだと思っていました。

 

しかし最近は、

自分が道に迷いそうな時、思考の迷路に入っている時に、

さりげなく引き戻してもらえる存在である気がしています。

 

その人の言うことを何でも聞く、とか、その人についていけば売上が上がる、などではなく、

自分の芯を隠さなくても、ちゃんと意見を伝えても、お互いを尊重しながら信頼できる貴重な存在。

 

本当の師とは、

そんな人の様な気がします^ – ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。