会計のいきなり入力!はキケンです。

鈴木愛です。

今月は有難い事に、新しい会計のお仕事ラッシュ。

忙しさにパンパンになっていたところ、

外注スタッフののりちゃんがすかさず、私の様子をさっしてくれて、

せっかくの本業のお休みに1日中ヘルプに来てくれました。

こういう、スタッフとのきずなは本当に有難く、疲れが吹っ飛びます。

 

 

会計の入力をする時には、実は意外な手順を踏みます。

 

さあ!入力!といきなり始めてしまうと、

後からあれやこれやと直すことが多くなってしまい、効率が悪くなり、

間違える事に繋がり、調査がきたら…となります。

 

なのでまずは、クライアントから内容が分かる膨大な資料を預かり、

よく話を聞いてから、その会社のお金の流れを掴み、図式化します。

 

そして、売上や仕入れなど、何を使って入力するかを明確にしてからやっと、入力作業です。

 

実はこの、一見すぐに出来そうな流れを掴むまでの作業と時間が一番重要な仕事です。

 

今回は大規模な古物商なので、特にお金にやりとりや流れがややこしい。

 

この作業は、1人でやるよりも、ほかに2人は居る状態で、資料をひっくり返しながら、

私の組み立てる流れが合っているか?と確認しながら行います。

 

一見1人作業に見える会計も、

3人寄れば文殊の知恵です。

 

やはり、素晴らしいスタッフに囲まれることは、経営者として一番有難い事ですね^ ^

 

夜は、お疲れ様会。

余談ですが、帰り道に娘と歩いていたら、

2人組のややイケメンさんに

「今おかえりですか?」と娘が声をかけられ、

私が「何かご用ですか?」と訪ねたら。

 

「あ!おかーさんだった!」って!笑 

 

最近あまり聞かなくなったナンパ話ですが、

まだあるのですねー!

 

私も暗ければまだ若く見える??

 

という訳で。

 

色々な方たちのおかげで、

忙しい中にも楽しいお夕飯タイムを過ごせました。感謝、感謝。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。