売上が上がれば、経費も増える

鈴木愛です。

今日は、毎月恒例の動画撮影会でした。

メンバーの素晴らしいホスピタリティのおかげで、だんだんと機材が揃って本格的になって参りました!

終了後は、お楽しみのお食事会へ。

やはり、コツコツ継続していることは、必ず結果に現れてきます。

月商200万円、500万円超えのメンバーも出だして、この動画撮影の貢献度も上がって参りました。

月商700万円くらいまでは、ネットビジネスの利益率はとても高いので、儲かる!イメージが強くなります。

そこを超してくると、人が必要になったり、広告、移動や器具などが増えたりと、大きな経費も 発生するようになります。

そして、年商1億くらいになると、利益率が減らなくなる、というのがネットビジネスの平均パターンです。

年収900万円くらいから1500万円くらいのサラリーマンが一番損をする、なんて話も良く耳にされるかと思いますが、

インターネット起業も、同じイメージです。

そして、

売上金額が多くても、分割入金や出来高報酬が多い業界でもありますので、倒産の不安なくビジネスを拡大するためには、キャッシュフロー管理が必須となります。

根拠のある数字的目標をしっかりと立てて、必要な金額を明確にした上で、法人化などの次のステージへと進んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。