自分らしく、と自分なりに、の違い

鈴木愛です。

今日は、陥りがちな「自分らしく」の罠についてお話ししたいと思います。

まず前提として、自分らしく物事を進める事は、お金の本質から捉えたらとても良いことです。

無理してしかめっ面で集めたお金は、なぜか不思議と、価値ある物事以外の事に流れていくからです。

 

しかーし!

 

ここで勘違いをしてはいけないのは、下記の2つは同じではない、という事です。

 

・自分らしく物事をやり抜く

・自分なりのやり方でやる

 

何ごとも、自分なりのやり方で進めても、今までの自分と同じレベルなのですから、なかなかステージを上げていく事は出来ません。

 

これは、自分らしく決めたことをやり抜く、とは大きな違いがあります。

 

このやり方をすれば上手くいく、というノウハウを買ったり、コーチングを受けるのであれば、

やり方自体はその通りに進めて、それに向かう「在り方」を自分らしくする、それが一番、かけたお金を無駄にしない自分らしさだと思います。

 

特に習う時には、自分なりにやり方を変えるのではなく、自分らしくやり抜く!

そんな強さを大切にしてみて下さいね^ – ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。