月売上100万円で、使えるお金はすごい?

鈴木愛です。

成功のイメージって
どんな感じでしょうか?

月売上100万円!
は良く目にする数字ですね。

確かに、起業したてで
月に売上100万円を超える事は、
並々ならぬ努力の結果だと思います。

しかし、
月の売上100万円 = 成功
は果たして本当なのでしょうか。

 

月売上100万円をお給料に換算するといくら?

50461903 – teddy bear to see the wad and jitter

個人事業主の月の売上100万円を
サラリーマンの
手取りに換算すると・・・

月35万円程度です!

え?そんなに少ないの?

と思う方が多いと思います。

売上にかかる経費や、
確定申告時の税金等を
考慮すると、

月売上100万円 = 手取り35万円のサラリーマン

という事になります。

つまり、使えるお金は
月に35万円という事です。

びっくり!!ですよね・・・!

売上が伸びていても、手元にお金が残らない

32515177 – poor man

・売上100万 = 使えるお金35万円程度

上記の様に、
売上と使えるお金の違いがあります。
これをしっかりと把握していないと、

・売上が伸び続けているのに、
なんで手元にお金が残っていないんだ!?

・税金を払う時になってびっくり!

という事になっていきます。

その資金繰りのささやかな狂いが、
商売の悪化の原因になる事が
多いのです。
火の車にならない様にするためには、
実際のお金の動き=キャッシュフロー
を把握しながら
商売を進める必要があります。

自分で税金の準備をしておく事が大切

49310702 – savings passbook

売上と実際の手取りの差額の中に、
税金分を占める割合は
非常に高いです。

そのため、
税金分は月の売上に応じて先に、
専用通帳などにお金を入れておきます。

そうする事で、
税金を支払う時に慌てずにすみます。

税金を滞納や遅れは、
事業の信用を失墜させます。
また、設備投資などが必要な時に
融資が受けられなくなる事もあるのです。

そのため、
安定した商売を続けるためには、
必ず専用通帳にとっておく事をおすすめします。

まとめ

月100万円売上でやっと、
月の手取り35万円のサラリーマンと
同じ給料だということを
頭に入れておいて下さい。

注意したいのは、
月売上100万円に到達したからと、
いきなり贅沢な生活を始めたり、
リスクの高い投資をする事は
絶対にお勧めできません。

・自分が個人の生活で使えるお金
・必要な貯金の金額
まず、これを意識した上で、
楽しめるお金の使い方を
考えていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です