キャッシュフローが下向いた時の改善策

鈴木です。

蒸し暑い日が続いていますね・・!

水分補給をしっかりとして、
健康管理をしていきましょう。

さて、今日は、
手元のお金が急に厳しくなった時の、
改善策についてお話しします。
キャッシュフローが悪化し始めたら、
早めの対処が必要です。

個人起業家は特に、
毎月の収入が安定しない事が多く、

キャッシュフロー = 手元の現金の残高
がちょっとまずいぞ・・・!

という事態も、
あるかと思います。

安定したキャッシュフローを
維持するためには、

まずは慌てずに、
早めの対処が肝心です。

売れていない在庫を売却する

「在庫は少ない方が良い」
とは、商売の鉄則でもあります。

まずは在庫をチェックして、
希望の値段より下回るとしても、
売却します。

手元のキャッシュが厳しい
状況下では

いつ売れるか分からない100万円よりも、
今手元に来る80万円のキャッシュの方が、
よっぽど有益です。

安定したキャシュフローを維持し、
商売を向上させるためには、

在庫は、ある期間を過ぎたら、
思い切って売却していく事も、
財務戦略の一つです。

使用していない資産や用品を売却する

手元のキャッシュを増やすために、
使用していない車両や、
事務用品などを探して、
売却します。

使用しないものは、
持っていてもどんどん
価値が下がる一方です。

買った時の値段を
いつまでも気にせずに
売却する事も、

キャシュフローが厳しい時の、
一つの解決策です。

オフィスやガレージもスッキリと
整頓されている方が、
質の良い仕事もできるはずです。

 

クレジットカード決済を利用する

資金繰りが厳しい時には、

キャッシュの

入金を早くし、出金遅くする。

これが根本的な解決策になります。

そのため、とにかく

キャッシュイン=お金が入る

事項を優先して行っていきます。

そして、経費の支払いは
支払い期日をなるべく遅くして、
キャッシュを確保してから支払う事で、
お金を借りる事を防ぐ事ができます。

そのためには、
クレジットカードを使うと、
支払いが翌月あるいは
翌々月になります。

しかし、
カード払いは細心の注意が必要です。

必ず使用した金額を控えておき、
キャッシュを確保したら直ぐに、

決済用の通帳に入金する事が
使う時の鉄則です。

まとめ

キャッシュフローの悪化は、
放っておくと、
とあっという間に進行します。

キャッシュフローを安定させて、
ビジネスが向上していくためには、

早めの対処と、
対処法を間違えない事が
とても重要になります。

手元のお金が少なくなった時は
慌てずに、策を練ります。

安易に借り入れをせず、
正しい対処で
キャッシュフローの安定を
維持する努力が大切です。

目先の利益にとらわれず、
常に長く事業を続けるための

キャッシュフローの安定を
意識していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です