自分の身は、自分で守るのための知識を蓄えよう!

鈴木です。

今日は、
少し残念なお話を耳にしました。

専門家に毎月、
顧問報酬をお支払いして

お金の事の、
申告や計算全般を
お願いしている方からの
ご相談でした。

詳しい内容は
お伝えできないのですが、

その処理方法に問題があると
他の株主より指摘され、

最悪の場合は、
訴えるとまで
言われたそうです。

そんなことにならない為には、

会社が大きくなってきた時には、

素敵な専門家との
ご縁を得る事が必須です。

その為には、今のうちに

まずはこれだけは!という

知っておきたい知識を
お伝えしますね。

 

各専門家の得意分野や、専門分野を知る

まずは、
お金が関わる分野で
やりとりをする可能性のある
専門家の方たちの、

得意分野や、
特化している仕事を
知っておくことが
大切です。

例えば、経営者や起業家が
関連が多いところでは、

・税理士、公認会計士
・・・・税の計算、申告手続きなど税の専門家

・社会保険労務士
・・・社会保険や労働保険の計算、申告手続きの専門家

・司法書士
・・・登記や議事録などの書類作成、申告手続きの専門家

などがあります。

お金の知識を蓄えて、選ぶ目を養うこと

私も会計事務所に
勤めていましたが、

今の時代は、
何でも屋のごとく、
色々な仕事を請け負っていました。

専門外の事を任せてしまえば、
自分が支払う経費は安く済みますが

おのずと間違えたりするリスクも
高くなります。

最近は、
会計事務所や法律事務所でも、

経営者の専門以外の、
別の専門家をきちんと雇われている
事務所も多くあります。

先に、

・誰が何をしてくれるのか、

・料金は適正なのか

などのきちんとした知識を
身につけておく事も、
とても重要です。

何でもしかりですが、
良いサービスやスキルと、
値段は一致している事が
多いのです。

セカンドオピニオンが大切

病院にかかる時と
同じように考えることを
おすすめします。

専門家も人間ですので、
間違える事もあれば、
意見ややり方が違う場合も
多々有ります。

何だか言われている事が
おかしいな・・・?
よく理解できないな・・・?

と思ったら、
必ずセカンドオピニオンを
仰ぐことが必要です。

お金の事を、

恥ずかしがらずに
相談できるような人脈は、

とても大切です。

まとめ

専門家も十人十色です。

しかし、
良い出会いを得る事が出来れば、

多岐にわたり、
経営にとって、
とても有意義な存在に
なることは間違いありません。

大切な事は、
その専門家がどうこう、
ではなく

「自分の見る目を養う」

という事です。

その為には、

自分の身は、
自分で守るための
お金の知識と、

お金の仕組みが必要です。

しっかりとお金の勉強をして、
信頼できる専門家の方を
見極める目を
養っていきましょう(^_^)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です