法人にしたい、と思った時の注意点

鈴木愛です。

昨日は、
東京研修を終えて
クッキーをお土産に
自宅に帰宅すると、

娘がコーヒーを入れてくれました!

そんな小さな事でも、
日々の嬉しい事は、
沢山ありますね!^_^

さて、昨日は
一人の生徒さんより、
こんなご相談がありました。

「法人化したい!

と前から思っているのですが、

具体的にどうしたら良いか、

なかなか行動に移せないんです」

今日は、
法人成りをしたい時に、
行う事と注意点を
お伝えします。

節税に焦らない事

売上や利益が上がってくると、

「やばい!早く法人化して、
節税対策しなきゃ!」

「法人の方が、税金が
安くなるらしいよ!」

と、焦ってすぐに
取りかかりがちです。

しかし、
法人化をする時には、
いろいろ決める事があり、
一つずつきちんと決めないと、
後々トラブルの原因になったり、

キャシュフロー経営の
妨げや、悪化の原因になる事が、
本当に多くあります。

まずは、焦らずに、
落ち着いてするべき事を
こなしていきましょう。

株式会社は1円からできる、実際は非現実的です

会社法が変わり、
一時期騒がれていたので、

「株式会社は資本金1円でも作れる」
と聞いている方は多いかと思います。

しかし、
実際に作れるとしても、

株式会社にするメリットは何か?

と良く考えてみてく下さい。

株式会社にするメリットの中には、

・商売を行う上で信用を得る

という要素があります。

商売によって
花屋や車やなどの様に
大きな仕入れ取引先があったり、

不動産などでは、
銀行で大きなお金を動かす
事になります。

そういう業種で、
無理に資本金1円で作っても、
メリットは半減、
もしくは無しに等しく
なってしまいます。

逆に、自分の商売が
資本金の金額まで、
見られない様な業種であれば、

不必要なお金をかけずとも、
有効な場合もあります。

なぜ、株式会社にするのか?

と、よく考えてみる事が大切です。

時系列で計画を立てる

計画を具体的に立てる事が、
とても重要です。

法人にすると、
個人よりも決め事が
沢山あります。

そして、
節税には有利な部分も多々ありますが、
逆に、社会保険料などの、
経費が多くなる要素もあります。

お金の面でも、
実際は

・登記代
・司法書士報酬や、税理士報酬、
・印鑑作成、名刺作成

などなど、
登記の印紙代以外のお金も、
思っているより多くかかります。

また、全ての契約を
名義変更するなどの、
労力と時間も沢山かかります。

まず初めに、

・法人設立日をいつにするか

を決めて、それに合わせて
するべきことを
時系列に並べてみましょう。

そして、
かかるお金や時間を考えて、
可能かどうかを判断した上で、
進めていく事が大切です。

まとめ

法人化をする時には、
タイミングや資金繰りが
とても重要になります。

せっかく、商売が波に乗って、
法人化を果たしても、

節税ばかりに気を取られて、
資金繰りの悪化につながる事は、
本当によくあります。

せっかく法人化するのですから、
メリットを最大限に生かして、
事業の向上、拡大につなげて
いきたいですね^_^

できるだけ、
信頼できる方たちに
相談しながら、

計画的に
進めていきましょう!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。