断捨離とキャッシュフロー経営

鈴木愛です。

昨日は久しぶりに、
半日パソコンを開かずに
過ごしました。

常にパソコンを使う仕事なので、
たまに疲労が蓄積した時には、

思い切って
パソコンを閉じてしまう事も、

仕事を効率良く進めるためには
必要だと感じます。

ところで、
デスクの上が煩雑だと、
何だか気が散って
気がそれてしまう・・・

そんな事って、
ありませんか?

断捨離=持つものを最小限にする

という事は、

実は私生活だけでなく、

会社経営にとっても、
とても重要な事なのです。

デスクの上はなるべく物を置かない

デスクの上は、
帰る時には、
パソコンだけになるのが
望ましいそうです。

集中力の本などに、
よく書いてありますが、

使わないときは物を置かない、
使う時に使うものだけを出す、
という習慣が、

集中力を増すそうです。

そのためには、
必要以上のペンや
クリップなどを持たず、

筆箱や、ジム用品袋を作り、

帰りは引き出しか、
ロッカーにしまう様にすると、

机の上には
何も置かなくて済みます。

物を減らすと、経費も減る

オフィスの物を
最低限に減らすと、

文房具の置き場所なども
明確になり、

ダブって買ったり、
誰かが無くしてしまったり
する事を防ぐ事ができます。

また、
掃除などの手間も減り、

労働力を、仕事に効率良く
使う事ができます。

たとえば、
ゴミ箱が、各机にあるよりも、

まとめて一つにすると、
各々がビニール袋などに入れて
自分で帰りに捨てる事で、

掃除当番が
ゴミを集める手間が省けます。

そうした一つ一つの手間を省き、
仕事に集中出来る環境を作る事も、

財務戦略のひとつです。

来客へのイメージが格段に上がる

最低限の物しか置かず、
綺麗にしているオフィスは、

必ず来客に、
良いイメージを与えます。

そして、各々が、
丁寧に作業をしている様子は、
来客にはとっても良く
伝わるものです。

普段から、
整理整頓されたオフィスでは、

働く人も、
自然と丁寧できちんとした
行動をする様になると
言われています。

来客に与えるイメージは、
とても大切ですね(^ ^)

まとめ

前述の様に
断捨離は、

個人の私生活だけではなく、
経営面にも
とても良い影響を
もたらします。

特に、
従業員さんがいる場合には、

その効果はとても
大きくなるはずです。

常に
オフィスは綺麗に、
物は少なくを、

心がけていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。