1. TOP
  2. キャッシュフロー
  3. 賢い住宅ローンの組み方とキャッシュフロー

賢い住宅ローンの組み方とキャッシュフロー

 2017/06/30 キャッシュフロー
この記事は約 4 分で読めます。 16 Views

鈴木愛です。

6月、7月は、
ほとんどの市町村で、

固定資産税の、
第1期納付期限です。

我が家にも、
来ましたよ〜!

常々思うのですが・・・

この税の仕組みって、
絶対に異議を唱えたい!

自分で頑張って働いて
購入したマイホームに、

不動産取得税がかかり、
固定資産税もかかり、

尚且つ、相続したら、
相続税の対象になる・・・

何重に課税すれば
気がすむのですか〜〜〜!!

って、
いつも心の中で
叫んでいます 笑

それはさておき(^^;;

今日はそんなわけで、

住宅ローンについて
お伝えしますね(^ ^)

甘い言葉に乗らないように注意しましょう

マイホーム購入を
検討し始めた頃は、

最初にまずは、住宅展示場や
マンションギャラリーに行くと思います。

その時に、よく言われるのは・・・

・今が買い時!

・固定資産税もしばらく安くなりますよ!

・今は低金利だからお得ですよ!

・年末調整で税金たくさん帰ってきますよ!

・ご主人の会社がきちんとした企業だから、
これくらいの金額は借りれますよ!

などなど・・・

とにかく、
お得感のアピールが上手いです!

ここで、
そのまま鵜呑みにせずに、

よく検討することが
とても大切です。

返済可能額を算出する

住宅ローンを組む時には、
まずは

・毎月いくらまで返済可能か
・あと何年支払うことが出来るか

を認識するがとても大切です。
サラリーマンであれば、

月のお給料から、
いくらまで住宅ローンに支払えるかを
割り出します。

起業家であれば、
一番少ないであろう月の

利益の金額をめどに、

1ヶ月に支払える額を
決めていきます。

年数は、

自分が今の収入を維持できると
予測できる年齢を考えて、

今の年齢と逆算して下さい。

例えば

月に10万円支払い、

25年返済すると、3千万円。

そして、返済可能額は、
その金額の半分までがベストです。

つまり、この例でいくと、

半分は、1500万円、
という事になります。

一般的には、年収の4倍以内、
と言われていますが、

キャッシュフローを
重視するならば、

実際に払い続けることが出来る
金額から決めることが

最重要ポイントです。

光熱費の増加や利息も考慮する


上記の計算で、
なぜ半分にしたかというと・・

大まかに、
利息や光熱費が増える事を
考慮しています。

例えば、
アパートやマンション住まいから、
一軒家に引越しをすると、

光熱費は結構増えますし、

修繕維持費にも、
お金が必要になります。

支払うローンの金額を、
余裕を持った金額に
設定しておくことで、

私生活の
キャッシュフローの安定に
繋がります。

まとめ

住宅ローンを組む時には、
しっかりとした準備を
怠らないようにしましょう。

気に入った物件でも、

手が届かないな〜と思ったら、
無理せずに、

頭金にするための、
自己資金を増やすための策を
練っていきます。

実際に、
いくらまでローンを組めるかは、
金融機関の判断になりますが

無理なローンは
いつか必ず、

キャッシュフローの悪化を
招きます。

せっかくのマイホームが、
お金に困る原因にならないためにも、

賢く住宅ローンを
利用していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

鈴木愛のキャッシュフロー経営が学べるブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鈴木愛のキャッシュフロー経営が学べるブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鈴木愛

鈴木愛

Bloomin株式会社 代表取締役

15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。

現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャッシュフローを良くするためには営業力が必須

  • 無計画な交際費で、キャッシュフローが悪化する!?

  • キャッシュフロー経営・ファイリング「3つの基本」

  • キャッシュフローをプラスにする時間管理術

関連記事

  • キャッシュフローが下向いた時の改善策

  • 幸せな人生に欠かせない、キャッシュフローの基本

  • 節税とキャッシュフローの決定的な違いとは?

  • 急な修繕費!キャッシュフローが悪化する?

  • キャッシュフローをプラスにする時間管理術

  • メンテナンス会社の積み立てを賢く利用。