青色申告って、白色と何が違うの?

鈴木愛です。

今日は
またまた、

素敵な生徒さんとの
嬉しい出会いとご縁を

いただきました(^ ^)

本当に、
私の生徒さんは
明るい方ばかりで、

いつも感激です。

話していると楽しくて

時間があっという間に
過ぎてしまいます!

今日はお話の中の一つに、

「青色申告」の事が
ありましたので、

ざっと、
このブログでも
お話したいと思います。

青色申告とは?

簡単にいってしまうと、

・税務署に届出をする

・複式簿記に沿った経理処理をする

これらをする事で、

税金が少なくなる制度を
色々と使える、

申告方法です。

 

例えば、
個人の確定申告の場合、

65万円の
課税対象額からの控除や、

家族へのお給料が
経費として認められたりします。

ちなみに、

「青色」の制度は、
法人にもあります(^ ^)

 

税務署への届出は、
定められた期限があります。

そのため、

開業したら、

すぐに住所地の税務署に
提出してくださいね!

 

白色申告とは?

白色申告とは、

書類を作るのは簡単だけれど、

税金が少なくなる制度が使えない、
申告方法です。

 

青色申告の届出をし忘れると、

その年は必然的に、

白色申告でしか、
申告出来ませんので、

注意が必要です。

白色申告の、
課税対象額からの控除は、

10万円のみです。

 

青色と比べると、
55万円も違いますね!

 

どちらを選んだ方がお得なの?

これは、
いちがいに青色が絶対にいいです!

とは言い難いのですが、

 

税金の面からだけ
判断するならば、

普通に生活できる程度の
商売をしていたら、

ほぼ明らかに
青色申告をお勧めします。

 

もし仮に、
ずっと赤字ならば
税金は関係なくなるので、

手間がかからない白色の方が、
良いかもしれない場合もあります。

 

ただし、
これから利益を上げる
見込みがあれば、

青色には
赤字を繰り越す制度もあるので、

のちに利益が出た時には
青色の方が絶対お得になります。

また、
複式簿記をする時間が
あまりにも大変で、

自分の商売に支障をきたし、
誰か頼める人もいない、

でもまだ、
人に頼めるほど
手元のキャッシュに余裕がない・・・

かといって、
利益向上のめどもない・・・

という状況であれば、
そんなに現在利益が多くなければ

白色にしてしまうのも、
一つの案かもしれません。

その時々の
状況による事もありますが、

とにかく、
青色の届出は

すぐに出しておくのが
得策です。

 

まとめ

 

事業を始める時には、

届出をしそびれている事も
多くあります。

 

起業スタート時には、
あれもこれも・・!と

何かと忙しく進める事も
多いのですが、

まずは、
今、するべき事は何か?

を冷静に判断して、

必要な書類や手続きを
順番にきちんと
進めていく事が

とても大切ですね(^ ^)

目に見える行動は
満足感も多いのですが、

まずは、地味な作業も
しっかりとこなし、

経営の地盤を

しっかりと
作っていきましょう^_^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。