人の上に立った時に、心得た事

鈴木愛です。

今日は、
すごく久しぶりに、

前職の後輩と
お食事を楽しみました。

今でもこうして、
連絡をくれることに、

本当に感謝しています^_^

 

前職の会計事務所では
共同経営者として、

数名のスタッフの采配を
任されていました。

最初は、

なかなか上手にコミュニケーションが
取れなかったり、

厳しくしすぎてしまったり・・・

その中で、
上に立つ人間として、

何が必要なのかを、

みんなのおかげで
学ぶことが出来ました。

そんなことを
懐かしく思い出したので、

今日は、
私が学んだことを
お話しします^_^

********************

<お知らせ>

現在、
「起業家のためのお金の授業プレミアム 個別授業」
第1期募集中ですが、

この度
第1期募集を終了させていただきます。

第2期募集より

「起業家のためのお金の授業プレミアム 個別授業」
の授業料が値上がりします。

値上がり前にメルマガ読者様のみ限定で

個別無料オンライン説明会の募集をいたします。

気になっている方は、
この機会にまずはメルマガへご登録いただき、

無料オンライン説明会に
お申し込みください

▼ メルマガご登録はこちら ▼

mailmagazine

 

これを逃すと次回は改定後の料金の
ご案内となりますのでご注意くださいね!

*********************

 

さて、鈴木愛流、
人の上に立つときの心得です!

 

あたりまえ、は無い

最初に私が気づいたことは、

自分が出来ることや考え方を

誰でも当たり前に
できると思ってはいけない、

という事です。

自分で言うのも何ですが(^^;;

その頃の私は、
まだ若い事も手伝ってか、

「やろう!」と決めた事は、
どんな努力をしても、

たとえ睡眠不足になろうとも、
なんとかこなしてしまう、

スパルタン!なタイプでした 笑

そして、
上司にも部下にも、

言いたい事は

はっきり!!!と伝えてしまう。。。苦笑

 

ある時気付いたのは、

自分が使われている時は、
それで良くても、

人を指導する時には、

それでは
個性や良さを
潰してしまうという事でした・・!

おせっかいは、有難いと思う事

部下の誰かが
困っている時に、

言えないのは本人が悪い!と
昔の私は思っていました。

仮に、困っている人がいる事を
誰か他の人が伝えてくれても、

おせっかいだな〜!
だから、育たないんだよね〜!

とくらいに
思っていました〜 笑

でも実際に、
ちゃんと向き合ってみると、

教えてくれるおせっかいは、
とても有難い事だったんです。

おせっかいをしてくれる人の
良い面もある。

言えない人にも、
良い面がある。

そして、両方二人ともが、
会社や私の事を想っていてくれた事。

そんな大切な事に気付いた時に、
自分を一気に恥じた記憶があります。

人を指導する時には、
他の人からの意見や、情報は

とても大切にしなければ
なりませんね^_^

 

信頼が命

人を指導したり
上に立つ時には、

何をおいても「信頼」が命です。

さも無い事で「信頼」を失うと、

後々自分に、
おも〜くのしかかってきます。

「信頼」は、そんな大それた事ではなく、
本当にささいな事から構築されます。

・約束を守る

・いい加減な事を言わない

・困った時に手を差し伸べる

本当に、人として当たり前の、
些細な事がとても大切だと、

実感した事は、

今自分が起業しても、
とても役に立っていると思います。

 

まとめ

 

「権力があるからこそ、

言ってはいけない言葉が多くなる」

 

と、教えてくれた方がいましたが、

本当にその通りだと実感しました。

感情で言葉を発している、と、
部下に思われたら、

その時点で、
信頼関係は崩れていきます。

上辺の優しさや、気を使う事よりも、

・使う言葉に気をつける

・厳しい中にも相手を思いやる

・感情で思いを伝えない

こんな当たり前の様な単純な事が、
思いの外重要なのかもしれません^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。