1. TOP
  2. 税金
  3. マイナンバーが銀行口座にも適用される!?

マイナンバーが銀行口座にも適用される!?

 2017/07/28 税金
この記事は約 4 分で読めます。 10 Views

鈴木愛です。

とうとう、

マイナンバーの銀行口座のへの適用が
決定したとの事です。

 

始まるのは、

2018年からは、任意で銀行に提出、

2021年には国民の義務になる予定です。

 

では、マイナンバーを銀行に提出すると、
どうなるのでしょうか・・?

 

********************

<お知らせ>

現在、
「起業家のためのお金の授業プレミアム 個別授業」
第1期募集中ですが、

この度
第1期募集を終了させていただきます。

第2期募集より

「起業家のためのお金の授業プレミアム 個別授業」
の授業料が値上がりします。

値上がり前にメルマガ読者様のみ限定で

個別無料オンライン説明会の募集をいたします。

 

お金のことで気になっていることがある方は、
この機会にぜひ、メールマガジンにご登録下さい(^_^)

▼メールマガジンご登録はこちらからです▼

http://bloomin.co.jp/mailmagazine/

これを逃すと次回は改定後の料金の
ご案内となりますのでご注意くださいね!

***************************

 

日本国が個人の財産を把握する

マイナンバーを
銀行に提出することにより、

国は今よりさらに、

個人の所得や財産、資産を
正確に把握できるようになります。

そうする事で、

相続の際の
財産の計上漏れを防いだり、

税金を滞納した人の
差し押さえがしやすくなります。

隠していた人は、
隠すことがだんだん難しくなり、

脱税対策にもなる目算のようです。

 

日本の銀行に、お金が少なくなる?

日本国内での
財産状況が明らかになり、

節税がしにくくなることが
想定されています。

そのために、

お金をたくさん持っている
方たちは、

お金を海外に移したり、

会社の拠点を海外に置く方も
多くなってきたようです。

日本の銀行に、
お金が多く入らなくなってしまうのは、

ちょっと心配な気がします。

自分の財産をどうやって守る?

マイナンバーの強化や、
相続税の増税が相次いでいる中で、

せっかく自分が働いて得たお金を、
どのように資産として残すかは、

とても重要な課題に
なってきそうです。

今までの日本人には、
あまり馴染みのなかった、

・ドル建ての保険

・海外に口座を持つ

・持ち家より賃貸?

などなど、
いろいろな部分で、

資産の持ち方の常識が
変わってくるかもしれません(^^;;

日本では、お金の教育はあまり
重視されていませんが、

自分でしっかりと、
お金を学ぶべき時代になりましたね・・!

まとめ

 

マイナンバー、相続税の改正・・・

このように、
今から少しずつ

計画的な増税が始まっています。

税金ばかり、払うの!?と、
文句も言いたくもなりますが、

そうはいっても、

国が決めた納税は、
国民の義務なので、

文句を言っても
何も良いことは起こりません(^^;;

逆にこの時代の流れを
チャンス!と捉えて、

しっかりとお金や税金の
勉強を始めて、

賢く、自分の財産をつくり、

守る術を身につけていきましょう(^_^)

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

鈴木愛のキャッシュフロー経営が学べるブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鈴木愛のキャッシュフロー経営が学べるブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鈴木愛

鈴木愛

Bloomin株式会社 代表取締役

15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。

現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャッシュフローを良くするためには営業力が必須

  • 無計画な交際費で、キャッシュフローが悪化する!?

  • キャッシュフロー経営・ファイリング「3つの基本」

  • キャッシュフローをプラスにする時間管理術

関連記事

  • 割印を押すのには、理由があります。

  • 掛け持ちアルバイトの年末調整