お金で買えない価値とキャッシュフロー

よりビジネスを加速させる
キャッシュフローの仕組み作り

「起業家のためのお金の授業」

鈴木愛です。

昨日は
暗号通貨の研修に行きました。

目に見える形ではない暗号通貨、
「お金」の本質をより一層見つめ直す

良い機会になりそうです。

「お金」ってそもそも、

元々は物々交換だったり、
石だったりしたもので、

要するに大切なのは、
形ではなく、

その中にある『価値』
なのだと思います。

いくらお金が欲しいですか?

自分でビジネスをしている人は、

少なからず、
お金を稼ぎたい!と
思っている人が多いはずです。

では、

いくらお金が欲しいですか?

最終的に、
いくら貯めたいですか?

と聞かれて、
どのように答えますか?

・今、必要と思う金額?

・将来困らないと思っているお金の金額?

・あればあるだけ欲しい?

ただ、漠然と思っているとしたら、
ちょっと根拠を考えてみると、

ビジネスのプラスや、
目標達成ヒントの糸口に
なるかもしれません。

「お金」で、買えるものと、買えないものは?

どんな生活がしたいか、
何をもって「成功」というかは、
人によって違います、

なので、
必要だと思うお金、欲しいお金も
自分なりの金額設定が、

目標達成への近道になります。

でも、その前提には必ず、

お金では、
買えるものと、買えないものがある、

ということを
しっかりと認識することが大切です。

例えば・・・・

・億ションはお金で買えるけれど、
居心地の良い家庭は、お金では買えない

・ロレックスは買えるけれど、時間は買えない

・高度な医療はお金で買えるけれど、健康は買えない

などがあります。

この機会に、

自分にとってのお金で買えないものを
探してみてください^_^

お金に困っていたら、幸せな気分になれる?

しかし一方で「お金」には、

綺麗事だけでは済ませられない
シビアな部分もあります。

確かに、大切なのは
お金で買えない価値であったり、

お金があれば
幸せ、なわけではありません。

ですが・・・

お金に困っている状態で、

果たして自分や家族を、
毎日、豊かな気分に出来るでしょうか・・?

楽しく、幸せな気分で
不自由なく生活するためには

やっぱり「お金」

特に、
「手元の現金」は必要である、

という、厳しい現実もあります。

まとめ

人間が生きて行く上で、

 

・お金で得るべきもの

・お金で買えない価値

の両方が必要で、
それは人それぞれに違います。

どっちも大切ですが、

そのどちらを得るためにもやはり、

「手元の現金」=『キャッシュフロー』

の概念が必ず必要です。

自分や家族が
人生を豊かに送るためには、

どれだけ稼いで、
どれだけ貯めたら良いのか?

ともう一度考えてみると、
自分の人生に必要な働き方や、

金銭面での目標が
リアルに定まってくるはずです^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。