決算書を読む前の、基本のキホン

鈴木愛です。

昨日は、地元での
個別コンサル日でした。

今後は株式投資や、
ご自身の法人化もご検討されいている
生徒さんでしたので、

決算報告書の読み方の初歩を
お伝えしました。

元々、独身時代には
証券会社の事務にお勤めの
生徒さんなのですが、

意外と、
「なるほど〜〜!!」
「知らなかったです〜〜!!」

というご感想をいただいたので、
今日はブログで、

決算書を読む前に知っておきたい
基本のお話をシェアします(^ ^)

会社の「体力」を表す貸借対照表

まず決算書の最初には

貸借対照表
(たいしゃくたいしょうひょう)
という書類があります。

これは、会社の資産がいくらあるの?
という数字を表している書類です。

要するにすごくシンプルにいうと、
個人でいう、

貯金、いざという時の蓄えは、
いくらあるの?

という部分です。

この部分の数字が多いということは、
何かあっても持ちこたえる「体力」が
備わっている、という事になります。

会社経営は必ずしも、
良い時ばかりではありませんし、

ピンチ!の時こそ、
次への先行投資が必要だったりします。

貸借対照表の数字では、
そんな時に使えるお金がいくらあるの?
という部分を読み解く事ができます。

「稼ぐ力」が分かる損益計算書

次に出てくる書類が
「損益計算書」(そんえきけいさんしょ)です。

株式投資などには、
この「損益計算書」を見る事が
とても重要になります。

なぜかというと
この「損益計算書」は、

その会社が
今、どれだけ稼げているのか?

を知る事が出来るからです。

売り上げが一番上にあり、
その下に経費が並んでいます。

という事は、
いくら売り上げて、いくら使って、
会社に残る利益はどの位かが
分かります。

いくら財力があっても、
稼ぐ力が少なければ今後の見通しは
明るくないので、

自分で事業をする時でも
まずはこちらの「損益計算書」を
しっかりと気にするように
心がけましょう。

まとめ

決算書は、最初からしっかりと
読もうとして本などを購入すると、

何だか分からない用語ばかりで
難しい〜〜!!

と思いがちですが、

大きな枠で捉えて、
簡単に見るだけでも
随分と会社の様子は分かってくるものです。

最初はあまり
ややこしく考えずに、

この会社の「稼ぐ力」は
どのくらいあるのかな?

この会社の「体力」は
多い?少ない?

という視点で
眺めて見るととても見やすくなります。

会社四季報などで、
色々な会社のものを見てみると
案外、面白いですよ〜(^ ^)

 

▼成功するためのお金マインドの作り方▼
http://only1produce.com/blog-seikousurutamemailmagazine/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です