キャッシュフローを認識するためのレシートの整理方法

鈴木愛です。

自分で仕事を始めると、

お財布にレシートが
どんどん溜まってしまったり、

個人的に使ったのか、
仕事に使ったのかが
わからなくなったりする事、

良くありませんか?

安定した
キャッシュフローの仕組みを
作るためには、

まずは、

レシートを片付けながら、
1日のキャッシュの動きを振り返る
事が大切です。

実際レシートをどの様に管理するの?

4895603 – cash receipt illustrating the spent money

レシートの管理の仕方には、
色々な意見があります。

・ノートに貼る

・月ごとに、封筒に入れておく

・そのまま誰かに代行すれば良い

大きく分けると
この3つが多いようです。

私は原始的ですが、
基本的には、

・毎日夜

・個人使用分と仕事使用分を分けて

・別々のノートに貼る

をお勧めしています。

ノートに貼る労力が時間の無駄!?

27355832 – business man drawing graph of profit compare with cost

良く言われるのは、

そんな労力が時間の無駄だ。

頼める事は人に頼んで、
自分はもっと自分のスキルを磨いたり、

それにかける時間で
お金を稼ぐ方が良い。

というメゾットです。

確かに、
費用対効果の面ではその通りです。

しかし最初の2年間は
自分で行ってみる事が大切です。

キャッシュフロー = 手元の現金の残高

を把握できない経営者の会社が
長く安定した経営を行っている所は、

正直見た事がありません。

 

お金の管理には3つのステージがあります。

59843325 – up arrow infographic template. business growth concept banner with 3 options, parts, stages, buttons. can be used for web, diagram, graph, chart, report, step by step infographics. vector background

安定したキャシュフローの仕組みを
作っていくためには、

自分のいるステージに合わせた
管理の仕方をしていく事が
とても重要です。

・第一ステージ

レシート整理等すべてをまず自分で行い、
お金の動きを把握する基礎を身につけるべき時期。
個人事業ならば自分で充分申告できる。

 

・第二ステージ

レシート整理や集計は出来れば家族や
安価の外注に依頼し、
キャッシュフローシートは
しっかりと自分で作成、把握する。
税理士さんに申告依頼を考える。

 

・第三ステージ

経理の業務すべてを
経理担当や会計事務所に依頼して、
月に一度キャッシュフローシートや、
試算表に目を通し打ち合わせをする。

 

まとめ

レシートや領収書は、
こまめにノートに整理しておき、
出来れば最初の2年間は
自分で行う事がとても重要です。

そうする事で、
伝票整理の仕方だけでなく

キャシュフローを
感覚的に把握する力も
身につきます。

そして、
自分がどのステージに居るのかを自覚し、
正しい時期に人に頼む事も
とても大切です。

忘れてはならないのは、
目先の利益よりも、

お金を制するものは
商売を制する!

という事実です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。