キャッシュフローの基本3項目

鈴木愛です。

今日は、今までずっと住みたいと
思っていた街を
散策してきました。

たまに、
実際に街や物件を観に行く事で、
仕事をますます頑張るための
モチベーションを上げております^_^

さて今日は、
キャシュフローの種類を
3つお伝えします。

キャッシュフロー計算書を
見る時には、
3つの種類を知っておくと
とても便利です。

営業活動によるキャッシュフロー

その名の通り、

本業である売上や、
それにかかる経費から計算した、
現金の増減を表す部分です。

そのため、
この部分を見ると、

その企業は
安定して売上を上げているか、
経費の支払いが過剰ではないか、
などの実際の状態が分かります。

また、実際にいくら手元にくる
儲けがあるのかも把握できます。

3つのキャシュフローの中では、
一番重要な部分になります。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローでは、
実際に会社の資産を増やすためや、
新規事業のために
使ったお金が分かります。

例えば、

・機械購入や工場建設の設備投資

・企業買収

・有価証券などの購入

などに使ったお金の増減を表します。

投資活動によるキャッシュフローは、
必ず営業活動によるキャシュフローの
プラスの範囲内で行う事が重要です。

 

財務活動によるキャッシュフロー 

財務活動によるキャシュフローとは、
資金調達の様子が分かる部分です。

簡単に言うと、
事業を進める上での
借りたお金や、返したお金の
実際に動いた金額が
明らかに分かる部分になります。

この部分がプラスの場合は、
資金調達のために借り入れが多く、

マイナスの場合は、
順調に返済のみを進めている
場合が多いです。

まとめ

この様に、
キャッシュフローには
大きく分けると3種類あります。

しかし、
個人起業家や、
法人でも家族経営規模の場合は、

この3つの難しい名前を
覚える必要はありません。

各キャッシュフローの役割が
3つに分かれているんだな〜。

位の知識で充分です。

本来必要な事は、

キャシュフロー = 手元の現金の残高

をしっかりと把握する事です。

そして、

・マイナスならば問題点を探して改善する

・プラスならば、今後この状態を維持しながら、
どの様に増やしていくかを検討する

などの、キャシュフロー経営を
しっかりと行っていく事です。
安定したキャシュフローを維持しながら
長く事業を続けていくために、

しっかりと忘れずに

”手元の現金”

の管理を継続していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。