質問にお答えします①

鈴木愛です。

 

「鈴木さんは、自分を見つめ直したりすることをなにで勉強しているんですか?」

というご質問を頂きました。

有難うございます。

 

お答えしますと、

私は読書が好きなので、最初は色々なスピリチュアル系や、心理学の本を読んで学んでいました。

 

そんな中、家族の問題が浮上して、「もうだめだーー!!自分だけじゃ無理!」

って思った時に助けてもらった先生がいます。

 

その先生から1年半くらい学び、おかげで今はどん底から這い上がって楽しい生活を送る事ができています。

 

なので答えは、

最初は独学で本を何冊も読み、その後どうしても必要になった段階で、先生に習った、ですね^ – ^

 

ポイントは、前提にたくさんの本を読み、載っていたワークをしていたからこそ、本当に必要な時に、自分に合った、実力がある先生と出会えた、という部分だと思います。

 ではでは。

 

==================

さて、今日の本題に入ります。

よく、「強みを活かして稼ごう!」的な話を聞きますよね・・?

そうか!強みか!って思って、私は最初にUSPを探すスクールに大金を支払って入りました。

 

しかし結果は・・・全く見つからないまま退会。

 

そして「強み」が見つからないまま、時間ばかりが経過していました。

 

自分ができる事で何とか事業を展開する日々が続き、そしてやっと、自分の強みに気がつきました。

 

私の強みは、「ない」です。

私は会計事務所のスキルを売りにして記帳代行の会社を経営している、にも関わらず、税理士ではないし、簿記すら持っていません。

 

税理士資格がない事がすごく恥ずかしいと思っていた時期もあり、それが高額商品を販売するブロックにもなっていました。

 

でも、クライアントさんや仲間に喜んでもらえたり、

「助かりました!」と言ってもらえるのは、

何もないところから今の自分の状態を作った、お金に関する色々な考え方や、方法を伝えた時でした。

 

無理して「強み」を探さなくても、きっと誰にでも誰かの役に立つ事があって、

それこそがUSPなんじゃないかな、と思うのです。

 

最初から、「それで稼ぐぞ!」というよりは、「誰かのためになれた、嬉しい!」の積み重ねで、

だんだんと見つかるものなんじゃないかな、と実感しています。

 

大それた事じゃなくても、知らないうちに誰かに喜ばれる話をしていたり。

 

自分では気がついていない部分にこそ、本当の自分の強みが隠れています。

 

案外お金のなる木は、そんな所にあるかもしれません(^^)

 

追伸

もっと良いお金の使い方を知りたいあなたには、お金の使い方が学べるメルマガ登録がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。