育った環境で得た お金の価値観に捕らわれる苦悩。

おはようございます!
鈴木愛です。

昨日は旧友が遊びに来て、
一日中しゃべり通しでした。

短大を卒業して、
会社勤めをしていたころからの
貴重な親友・・・悪友?(笑)

数人の仲良しグループで、
いつも社員食堂の一テーブルを
占領していました。

小室ファミリー全盛期で、
新人にも関わらず
みーんな髪を伸ばして、
茶髪にメッシュ入り(^^;

研究所、という職業柄か
男性が多く、

お誘い頂いた食事や飲み会は
オール、無料!(笑)

「茶パーズ」なんて呼ばれて、
上司たちにもとっても
可愛がっていただいておりました(*^^*)

最初に勤めたところの
人間模様って、

後の社会人生活にとって
とっても重要ですね。

今でも本当に
感謝しています。

 

さてさて、今日は
 

=================

育った環境で得た

お金の価値観に捕らわれる苦悩。

=================

 

について、
お話したいと思います。

 

このタイトルを読むと
ちょっとおもーーーい!のですが。

これって実は、
誰にでもあります。

 

きのう友人が帰った後に、
娘と娘の彼と3人で、

 

結婚とお金、について話していた時のこと。

 

お酒がやや
入っていたこともありますが、

娘がいきなり、

お金を多めに稼げない人とは、
絶対に結婚しない!

ママも絶対にもう、
そういう人とは結婚しないで〜!!

って泣き出したのです(^^;

な、なんだ〜〜!?

いやいや、
もちろん私に
結婚のハナシなんてないですよ〜(笑)

彼女は今、
何らかの理由で、

お金の不安、
将来の不安に
支配されていたんですね。

気が付かなくて
ごめんよ〜〜。

これは、
娘のケアもしなければ、
と感じて、

 

じゃあ、お金を稼げるって、どのくらい?

 

という話になりました。

娘の勢いは
止まらず、

そこからどんどん
話は飛躍して、

じゃあ、
ママが再婚すると仮定して、

毎月30万円くれて
愛情たっぷり、

娘や母が困った時には
自分の娘や母親じゃないけど
その人が稼いだお金を
使うことを嫌だと言わず
助けてくれる人と、

いつでも1億円あるけど、
なんで俺が払わなきゃいけないんだよ、
知らないよ。

という人と、
どっちがいいの?

という選択を
3人でした時に・・・・

私と娘の彼氏→30万円の人

娘 → 1億円の人

となり、
そこから3人での議論が
繰り広げられたのでした・・・(^^;

まあね、
どっちが良い、
悪いはさておき。

私が30万円の人を
選んだ理由は、

私にとって娘は
何をおいても宝。

その娘を少しでも
ないがしろにする人となんて
一緒に居たくないから。

(実際に私が30万円でいいのかどうかは
 まったく別問題ですけど (笑))

 

さて、娘がそれを選んだ理由は、

 

出したい、って言ったって、
出せなきゃ意味が無いし、
生きていくためには
1億円を選んで、

嫌がろうが何だろうが
出してもらうようにするほうが
ママも私も絶対に
幸せに決まっている!

娘の彼は・・・

どんな選択をしても
見守って、

必要な事は
出来る限りで助けてあげるのが
両親に対する出来ることだ。

だからどっぢだって
ママがしたい方にしたらいいけど、
俺は30万円の人の方が良いと思う。
(いい彼氏でしょ〜〜!?
 自慢の未来のムスコ候補です。)

みんな3人3様に、
「生きることとお金」

に対する譲れない価値観を
持っているんですね。

そして娘が
そこまでかたくなに、
「結婚」と「お金」に対して
お金を重視しているのは、

父(娘にとってはおじいちゃん)
と、
元夫(父親)

そして、
楽天的な母親(おばあちゃん)

この家族のサポートで
お金の苦労をしてきた私を、

幼少期のころから
一番近くで見ていたからに、
他ならないんですよね・・・。

そしておじいちゃんは、
周りのほとんどのひとが認める
「人格者」だった人で、

娘もじいじの事は
大好きだったので、

さらに、

人格が良くても
お金をたくさん稼げなければ
結局は、
家族を幸せになんて出来ない!

という意識が強いんですね。

もうこれは、

親としては
申し訳なさも持ちつつ、
彼女が解決するしかないんですよね。

だけど娘は、
そんな自分に最近は
疑問を持ち始めています。

もちろん、
お金がない=0なのは論外、

だけど、
じゃあどれだけあれば
自分は安心できて、

本当に好きな人と
一緒にいられるんだろうか・・・

自分の今までの考え方で
突き進んできたことは、
間違っているんだろうか・・・

そんな苦悩を
持ち始めたようです。

娘はいま21歳ですが、

このころからこうして
自分とお金の価値観や
結婚観と向き合ったり、

将来結婚するつもりの彼と
沢山話をしたりすることって、

本当に先の人生にとって
プラスになると思っています。

私は21歳で結婚しましたが、
そんなこと全く、
考えていなかったですから(笑)

だから結婚してから、

お金のことも、
価値観の事もいろいろな事に、

え??
なに??どういう事???

っていう事が沢山あったし、
せっかく頑張って
仕事をして得たお金も、

家族みんなの幸せに繋がるような
上手な使い方が

出来ていなかったのだと思います。

こんな風に、
人生の節目のこと、

就職、起業、結婚、離婚
などなど・・・

そこに関して、
「お金」というテーマを紐づけて
家族で話し合うのは、

自分が何を考えているか、

ほかのみんなが
どう思っているか、

両方を知るチャンスで、
とっても大切な時間です。

知らない事には、
何事も対処できないものです(*^^*)

ぜひ、何かの機会に
ハナシをしてみて下さいね〜!

ではでは。

今日もあと1日、
楽しく過ごせますように。

いつも最後までお読みくださり、
有難うございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。