捨てる練習

鈴木愛です。

これは小田原に向かっているロマンスカーの中から書きました。

外は、あいにくの雨。

小田原の税理士さんの事務所は駅から徒歩で30分かかるので、

天気が悪いとそれだけで行きたくなくなる、不真面目なわたくしです(^^;;

こんな日はご機嫌リストの出番!

大好きな嵐を聴きながら、アイスを食べて、ご機嫌な気分に無理やり持っていきます!笑

さてさて、本題です。

昨日は、女性の生徒さんとの個別コンサルティングでした。

彼女の話を聞いていたら数年前の自分と重なって、何だか苦しくなってきました。

彼女は女医さんです。

なまじ仕事が出来てしまうゆえに何でも任されてしまい、頼まれたら断れない。

子育ても本来は苦手な性質なのに、母親だからこうあるべき!

と必死に頑張っては、思うように上手くできずに自己嫌悪におちいる毎日。

すごく慈悲深いので患者さんの話を親身になり過ぎて聞いてしまい、

家庭に戻る頃には疲れ果てて、家族との関係はぎくしゃくしてしまう。

ストレスから散財してしまい、何に使ったのかわからないまま

多額のカードの支払いが毎月やってくる‥

最近気がついたのですが慈悲深い人ほど、意識していないと

身近の、本当に自分が大切にすべきところが手薄になってしまいます。

そしてそのストレスがジワジワとお金の状態に現れ出てきます。

こんな状態の時には、自分自身がパツンパツン!に、いっぱいいっぱい。

いきなりお金だけを見直して、

「〇〇費が多いです。節約しましょう!」

とやっても、

火に油を注ぐようなものです(^^;;

 

なのでまずは、「捨てる練習」から始めます。

 

多くの物事は、あなたがやらなくても順調に事は運びます。

やりたくない事、やっていて辛い事はひとつずつ捨ててしまいましょう。

いきなり、仕事を辞める!とかではなくて、ささいな事からで大丈夫。

「満員電車キライ!」だったら有料特急に乗ってしまいましょう!(これ私。笑)

皿洗いやだ!と思ったら、パートナーにお願いしてみたり、食洗機に任せてしまえば良いのです。

もっといえば、放置してみたらどうなるか?楽しみながら観察するのも良いかもしれません。

そうして誰かがやってくれたら、感謝の気持ちが生まれて、

不思議と次からそんなに嫌でなくなったり、食洗機がきたりするかもしれません。

こうやって小さな事から、手放す練習をすると、

だんだんとあなたにとって不要な大きな物事を、上手に捨てる事が出来る様になります。

 

隙間があかなきゃ、新しい好きなことや収入源も入ってこれなくて、

お金の流れも変わり様がありませんからね(^^)

 

もしあなたが、何でもたくさん抱え込んでいて忙しいのに

「なぜかお金がないんだよね~」なんて思っていたら、

少しずつでも捨てる練習から始めてみて下さいね^ – ^

 

追伸

もっと良いお金の使い方を知りたいあなたには、お金の使い方が学べるメルマガ登録がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。