「iDeCo(イデコ)」と「NISA(ニーサ)」も、立派な投資

鈴木愛です。

 

独立したてのすごく大変だった頃にお仕事をくれた私にとっては大恩人の会計士先生(ちょっと変わってるけど 笑)の、

株式投資塾のお手伝いに行ってまいりました。

 

 

みなさん優しい方ばかりで、

最近はたまにしか顔を出せない私にも、いつもニコニコと話しかけて下さいます。

卒業生の会にも呼んでいただいたり、本当にいつもありがたい~~!(T ^ T)

感謝、感謝です。

 

 

忙しくなっても、できる限りお手伝いしたいと思っています。

 

さて、そんなわけで今日は

「iDeCo(イデコ)」(個人型確定拠出年金)

「NISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)

のお話をしたいと思います。

 

詳しい商品説明はネット検索するとすぐに出てくるので割愛しますが、

「税金がお得だからやった方が良いよ~!」みたいな話を聞いたことがあるかと思います。

 

それに対して私が思うのは、

「税金がお得=お金が増える」というイメージが強すぎるかなってことなんです。

 

そもそもどちらとも、基本は「投資商品」です。

どちらも国を挙げて推奨している風潮があるので、

「そこの感覚が抜けすぎているな~」と感じています。

「投資」ということは「損する可能性がある」ということが前提なのです。

 

なので、特にNISAは、株式投資などの経験が少しでもないと、得するどころか損する可能性もおおアリ!なわけです。

 

「iDeCoも年金だし安心」というイメージが強いようですが、運用先を自分で選ぶものです。

ということは、受付の方の勧められるがままにやっていたら、減っている可能性だってありますよね。

 

どちらも、基本は「投資商品」

これを踏まえた上で、上手に使っていってほしいと思います。

 

鈴木愛の個人的な意見としては、貯蓄も投資も、自分で管理するのが一番だと思っております。

 

お金って、溜めるために稼ぐのではなくて、楽しみに変えたり、ピンチを助けてもらったりするために貯めたりするものだと思うからです(^^)

追伸

もっと良いお金の使い方を知りたいあなたには、お金の使い方が学べるメルマガ登録がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。