お金があると、不安?

こんにちは。

 

あなたの人生が
お金から愛されるようになる。

 

ライフ・マネー・コーチ
鈴木愛です。

 

さてさて、今日は

「いくら稼いでもお金がない・・」

と悩む人の深層心理について
お話ししたいと思います。

 

今日の内容を理解することで

お金が残らない根本的な原因がわかり、
自然にお金が残せる体質になるかもしれません。

 

どうぞ最後までご覧ください。

 

家族の影響


「いくら稼いでもお金がない・・・」
という人は、

 

子供の頃から
染み付いている潜在意識や、

 

両親の言葉やお金の使い方が
深ーく関係しています。

 

たくさん稼いでも
一向にお金が残らない時、

 

ほとんどの場合は

「お金があること」

が、本当は安心で嬉しいはずなのに、

 

逆に、不安要素になっているのです。

 

人は変わりたくない


例えばですが、

 

「お金がギリギリの状態」が
習慣化していると、

 

逆の状態は、
居心地が悪くて
気持ち悪いんですね・・!

 

除湿機にお水が溜まったら

「捨てなくちゃ!」

と思うのと同じ感覚で、

 

お金があったら

「使わなきゃ!」

と無意識に思って
使ってしまうんです。

 

人は良くも悪くも、

「慣れていないこと」

に不安を感じるのです。

 

習慣が人をつくる


私の好きな本の中に、

「習慣が人間の体躯(たいく)を支えている」

という名言がありますが、
これはお金も同じこと。

 

もちろん、
“入り”が多い方が残るお金も増えるので
稼ぐのもとっても大事ですが、

 

その前に、

「お金の意識と習慣」

を変える必要があるのでした。

 

これを知る前の私は、

専業主婦の時でも、

年収600万円になった時でも、

 

収入に関係なく

「お金がな~~い!!」

という言葉を
口にしていました 笑

 

家族は割と
仲が良かったのですが、

 

父と母は、
財産などに全く興味がなくて、

 

稼いだお金は
旅行やお買い物に
全て使い果たしていたタイプ。

 

なので
会社が傾いた時に
何も残っていないどころか、

 

マイナスだけが残りました^^;

 

その後、
家族で多大なるお金の苦労を
することになったのですが、

 

それでも
お金を残すことができない自分と
初めて向き合ってわかったこと。

 

それは、
私は子供の頃から、

「お金は稼いだら
 全部家族に使うのが幸せなんだ!」

という思い込みがあった事でした。

 

逆に言い換えると、

「お金を貯めたら不幸になる」

という、
お金の潜在意識だったんですね・・・!

 

気づくきっかけ

今思えば、
父の会社が倒産したおかげで

 

すごく大変な思いをしましたけど 笑

 

私がこのことに気づくための、
ありがたい経験を頂いたのだと思います。

 

もしあなたが、

稼ぎは増えているのに・・・

収入は上がっているのに・・・

 

「なんでお金が
 ギリギリのままなんだろう・・・」

と感じていたとしたら、

 


何か大きな理由が、
心の奥底に眠っています。

 

ぜひそれを、
探してみてくださいね(^^)

 

もしひとりで探していて、

お金に対してどんな思い込みを
持っているかわからないなぁと
思うようでしたら、

こちらからご相談ください。

  ↓↓↓

1回相談へのお申込みはこちら

 
ではでは。今日は以上です。

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。