iDeCo(イデコ)やったほうがいいですか~?

鈴木愛です。

久しぶりに1日のんびりしながら、好き勝手に過ごしました 笑

こういう日には、ぼーっとしているはずなのに、どんどんビジネスアイデアが浮かんできたり、

やりたい事が現実になってきたりするので、本当に不思議です。

 

実は随分前から、数術占いが好きで本などを読んでいました。

これって結構、ビジネスやお金の運、

また、その人自身が生まれ持っているものが当たっていて、
 
経営者や主婦のクライアントさんにも、

コンサルティングで活用したら、絶対喜んでもらえる~~♪って思っていました。

 

それで、

「キャリアのある先生で納得できる金額で
やりたいことを細切れで1つずつ、確実に教えてくれる先生は現れないかな~!」

と、半年間探していたのがなんと昨日!

ご縁をいただきました~!!

今の独学ではなくてちゃんと手法を学んだら、ご紹介させて頂きますね(^^)v

 

さてさて、本題です。

今日はメルマガの読者さんからいただいた、質問にお答えします。

話題になっている「iDeCo(イデコ)」ってやったほうがいいですか?

iDeCo(イデコ)とは、「個人型確定拠出年金」のことですね。

ザックリいうと、

「国が用意している年金とは別に、自分でも用意してね」っていう年金制度です。

(ザックリしすぎた?笑)

 

漢字がたくさん並んでいるので見た瞬間に

「うわ!無理!」

「よくわかんないけど難しそう!」

ってなりますが・・・笑

私の個人的な意見としては、迷っているならやらなくてもいいんじゃないかな?です。

 

メリットは色々と謳われていますが

大きくまとめると、年末調整や確定申告の控除に使えるので、

「節税しながら老後の貯金ができる」というものです。

 

だけど基本的には、年金制度もあてにならないこの時代で、

いつ国の方針が変わって控除がなくなるか、

いつiDeCo(イデコ)の取り扱いや支給のルールが変わることやら・・(^^;;

そもそも、いつまで生きているかわからないですしね・・!笑

 

貯金がいらない!といっているわけではなくて、

iDeCo(イデコ)に預けるくらいなら、

自分で積立をして、ある程度貯まったらその一部を自己投資にあてて、

少しずつでも自分で収入を生むスキルや、人間力を身につけた方いいんじゃないかなと。

 

もらえるかどうかわからない年金と、iDeCo(イデコ)をあてにした老後よりも

老後はよっぽど楽しくて安心なんじゃないかな~!って思います。

 

個人的な考えですけど、

公的年金を減らしても文句が少なくなるから、みんなにiDeCo(イデコ)に入ってもらいたいんじゃないの?って思ってます 笑

 

節税効果が前面にうたわれている割に、高所得の人ほど

小さな節税よりも自分の人生観や人間力を重視するので、入っている人は少ないようです(^^;;
(愛リサーチによるとですが)

 
 
まあこれは考え方次第なので、

「少しでも多く老後の貯蓄がないと不安~!」という場合には

安心料と思って加入しても良いと思います(^^)

 

 

追伸:

もっとお金の使い方を知りたいあなたには、お金の使い方が学べるメルマガ登録がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。