チュートリアル徳井さんの件で思うこと

鈴木愛です。

 

税務の世界は極論をいってしまえば、

「バレなきゃいい」
 
今回もお笑いの徳井さんが話題になっています。
 

あれは、行きすぎるとああなるだけの話であって、
 

要するに何をやってたって、
 

税務調査が来なければ何も起きないのです。
 
  

そして、税務調査が来てから、

「そんなはずではなかった・・・!」

となる光景を何度となく見てきました。

 

今回思うところがあったので、それについて動画で話しています。

 

 

 

会計のクライアント様の決算が無事終わり、ホッと一息。

その中でのやり取りで、私の説明を真摯に聞いてくださり、

やっぱりこの方と一緒にお仕事が出来て良かった~!と思う一幕がたくさんありました。

 

これからより一番良い方法を

税理士さんを交えて考えていくことになりました(^^)
 
 

と、いうのは・・

このクライアント様は、役員報酬を結構高額に取れるので、

支払う税金や社会保険もそれに準じて多い。
 
 

そして今回2期目なので、来期からは消費税があります。
 
 

なので、この税金を何とかしたい・・!という気持ちもお持ちです。
 
  

それは誰でも当然に思うことであって、
 
もちろん私だって自ら進んで税金たくさん払いたい!とは全くもって思わないです 笑

 

けれどこの国で商売をしている以上は、

誰にもどうにも出来ない「法律」というものがあります。
 
 

社長として、家族や従業員さんの生活やクライアント様の信頼を守っていく以上は、
 
 

グレーとブラックの境目はしっかりと認識しなくてはなりません。
 
 

最近よく耳にする節税対策は、

プロが聞いたら、限りなくブラックに近いものばかり。
 
  

「○○さんがやっているらしいよ、大丈夫じゃないの?」
 
 とほんとに近頃は幾度となく聞かれます(^^;;
 
 

私はどの人にも同じようにご説明しますが、ご理解いただけない時には、

「ご自身で税理士さんをお探しください」
 
「もしくはご自身での申告が良いかと思います」

とお願いしています。
 
 

私の懇意にしている税理士さんたちは

法律の範囲内でどこまで出来るかはプロフェッショナルですが、

その辺を売りにされている先生はいらっしゃらず(^^;;
 

 

私も含め、

本当にこの仕事に会計人としての経験値、自信と誇りがあるからこそ、

目先だけではなく、クライアントさんの将来を考えて

本当にその社長の、会社の発展する未来のためのアドバイスをしたいと常に思っています。

 

そして本音を言えば・・

誰にも頼まずに自分自身でやるのなら、責任を取るのも自分だから

何でも好きにやったら良いと思うのです 笑
 
 

それに対しては、良いも悪いもないと思っています。
 
税務調査が来ても見所が違えば、何も指摘されない時もありますしね。
 
金額や内容などは場合によるかとは思いますが。
 
 

なので、

「今とにかく儲かればいい!」

という会計人がいれば、
 
 

それはそれで、限りなくブラックに近い節税を求めている人とマッチングするから、

世の中の仕組み的には良いのかもしれません。

 

はっきりいってしまえば・・
 
「なんとかならないの?」

といわれても
 
 

法律ばかりは、誰の手にかかってもどうにもなりようがありません 笑
 
その合間をかいくぐるやり方の、それをどこまで大丈夫です!というかは

人それぞれなのでしょうね^ – ^
  

 
メルマガではもっと突っ込んでお話ししちゃいましたが、

このくらいにしておきます 笑

 

追伸

このように意識を変えて、もっと良いお金の使い方を知りたいあなたには、

お金の使い方が学べるメルマガ登録がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Bloomin株式会社 代表取締役 15年で200社の経営者のキャッシュフロー経営をコンサルティング&サポートをしてきた実績を持つ。 現在は依頼されてグループ会社のキャッシュフローを一元管理したり、ジャンル問わず、経営者や起業家のキャッシュフロー経営をサポートしている。